トップ >> 賃貸物件にかかるお金は

賃貸への入居の際にかかる費用

賃貸物件借りる際にかかるお金は、家賃のみではありません。物件や家主さん、不動産会社によってさまざまではありますが、一般的にかかるといわれているのは、初期費用としては、敷金、礼金、仲介手数料、保険料などです。敷金とは、家主さんへの預け金です。退去の際に、滞納していた分の家賃や、契約書であらかじめ設定されていた補修工事の費用が差し引かれ、余った分だけは戻ってきます。礼金とは家主さんへのお礼のお金のことです。仲介手数料は、賃貸物件を紹介してくれた不動産会社への紹介料です。保険料とは、火災保険料のことで、集合住宅であるため、必ず入る必要があります。

賃貸に住んでいる間・退去の費用

住んでいる間にかかる費用は、賃貸契約の更新ごとにかかるお金です。また、その更新を不動産会社を介して行なってもらうのであれば、更新手数料を不動産会社に支払います。そして、退去の際にかかるお金は、鍵交換費用です。これは家主さんや物件によって違いますが、誰でも無条件にかかる場合もあれば、賃貸物件の鍵をなくしてしまって家主さんに返却できないときのみかかる場合もあります。また、誰でも無条件にかかるという場合は、退去の時ではなく、入居の際に支払う場合もあります。どちらかというと、入居の際に支払うことの方が多いです。

賃貸にかかる費用情報