トップ >> 賃貸契約の際はよく確認を

賃貸契約の際に気をつけること

住宅を借りる際に貸主との間で結ばれるのが賃貸契約ですが、その契約をする際には内容をきちんと把握し、確認しておくことが大切です。この書類は貸主と借主との間の権利や義務を定めたものですが、署名・捺印した時点で、その内容を了解したことになります。たとえその内容を理解できず、また承服できない内容が含まれていたとしても、賃貸契約書に同意したとみなされます。一般的に使われていない用語なども含まれており、なかなか理解しにくい面もありますが、わからないところは質問するなどして、きちんと内容を理解しておきましょう。

賃貸物件選びの情報